ハタオリマチの小さな工場めぐり

独自のテクスチャーを創るテキスタイルメゾン

渡邊織物 Watanabe Textile

2_アトリエ
3_織機
4_よりつけ
5_ハンガー
6_モコモコ
7_森

独自のテクスチャーを創るテキスタイルメゾン

Watanabe Textileは、 建築に始まり、写真、家業である織物へと創作の手段を広げている渡邊竜康さん(渡邊織物3代目)によるブランド。竜康さん自身でデザインから織りまで手がけ、多くのブランドにオリジナル企画の生地を提供するテキスタイルメゾンでもあります。

自然由来の肌にも環境にも優しい繊維キュプラを軸に、シルクや和紙など、多種多様な素材を織り込んだテクスチャーのある生地を開発。自身が好んで身を置く富士北麓の自然から無意識に受け取った感覚から生まれる、プレーンの中に質感のある生地や製品を多く制作しています。2020年には織物工場の向かいに竜康さん自身が設計を手掛けたショップが完成。おすすめは、ブランケットやショール、クッションカバー(¥18,000〜¥33,000(税込)。ゆっくりくつろぎながらWatanabe Textileの空気感を堪能することができます。事前アポイント制です。お電話・メール・InstagramのDMでのご予約をお願いします。


会社名渡邊織物
ブランド名Watanabe Textile
営業時間【要予約】平日11:00〜17:00・第3土曜11:00〜17:00
電話番号0555-22-4240
住所山梨県富士吉田市富士見5-7-18
駐車場 2台
お手洗い あり

お買い物

2_アトリエ

ゆっくりくつろぎながらWatanabe Textileの空気感を堪能できる店内。お薦めは天然繊維のブランケットです。

時間事前アポイント制です。お電話・メール・InstagramのDMでご予約をお願いします。  費用¥18,000〜¥33,000

現金、カード

工場見学について

工場見学について
※コロナウイルス感染予防のため、換気の徹底とアルコールの準備をしています。また、工場が密にならないよう人数によっては外での待機をお願いする場合があります。
※工場見学をご希望の方は予めご予約をお願いします
※工場を見学する際は事故防止のため、動きやすくシンプルな格好でお越しください(ヒラヒラとした服などは、機械に巻き込まれる可能性があるのでご遠慮下さい)
※靴を脱ぐ場合もあるので、脱ぎ履きしやすい靴でお越しください

工場一覧

 

 

こちらもおすすめ

他の工場はこちら

ハタオリマチの織物でできたノートブック

ハタオリマチの織物でできたノートブック

富士吉田市・西桂町までのアクセス

  • 東京から電車
    富士吉田市へ
    新宿駅-(JR中央本線1時間40分、特急60分)-大月駅-(富士急行線50分)-「富士山駅」「月江寺駅」「下吉田駅」
    西桂町へ
    新宿駅-(JR中央本線1時間40分、特急60分)-大月駅-(富士急行線35分)-「三つ峠駅」

    東京から高速バス
    富士吉田市へ
    バスタ新宿-(中央高速バス【新宿~富士五湖線】1時間45分)-「中央道下吉田バス停」または「富士山駅バス停」
    西桂町へ
    バスタ新宿-(中央高速バス【新宿~富士五湖線】1時間40分)-「中央道西桂バス停」

    東京から車
    富士吉田市へ
    東京-(中央自動車道90分)-河口湖IC
    東京-(東名高速道路90分)-御殿場IC-(国道138号山中湖方面20分)須走IC(東富士五湖道路25分)-富士吉田IC
    西桂町へ
    東京-(中央自動車道80分)-都留IC-国道139号線富士吉田方面20分