山梨・郡内産地の生地の情報をお届けします。毎月第三土曜にはショールームにてKIJIYAをOPEN! 富士吉田・西桂の織物を使ったワークショップ等も開催予定。どうぞお楽しみに。企画:山梨県絹人繊織物工業組合

2017.12.12

ハタ印 KIJIYA、毎月第3土曜日に開店!


織物の産地っていうけど、どこにいったら布を買えるのさ?

富士吉田の街を訪れた人からしばしばこんな声を聞くことがあります。長いあいだ、織物工場は商社を介した業務用の商取引で発展してきました。大口の注文だけで十分な稼働ができたので、小売りをするという発想を持つところは少なかったのです。

世界でも屈指の技術力を持ち、上質な生地を作っている。けれど、実際にそれに触れる機会はごく一部の人に限られ、個人で手に取ることはほとんどできないのが現状です。一般の人から布を買いたいという声を聞く一方で、これまで大口の注文をしていたメーカーや商社が在庫を持つことを避け、発注のロットはどんどん細かくなり、小売りしてるのと変わらなくなってきてもいるそうです。

市場は今、小さい単位で回数の多い商いの形を求めているような気がします。そんなニーズに応えるべく、私たち山梨県絹人織物工業組合は、12月16日(土)より、事務所隣に併設したショールームにて産地の生地の小売店・ハタ印 KIJIYAをオープンすることにしました。今月から毎月第3土曜日に季節に合わせたテーマで厳選した産地の布をお届けします。

今月のテーマはクリスマス。世界の一流ブランドやさまざまな著名人たちから高い評価を得る宮下織物の生地をメインに販売します。クリスマス気分を盛り上げてくれる華やかな生地がたくさん並びますよ。また、布張りの製本工場がその技術を活かして立ち上げた布箱ブランド・Haco Textileの、宮下織物の生地でつくった箱もご用意。もちろん、産地が得意とするインテリア生地や傘生地、金襴緞子や裏地なども豊富に取り揃えます。

長い時間をかけ工夫に工夫を重ねて作り上げられてきた、この産地ならではの布がたくさんあります。他ではみることのできない特別な布にぜひ触れにきてください。

◤ハタ印 KIJIYA◢
ハタオリマチの生地セレクトショップ
場所:山梨県絹人織物工業組合
山梨県富士吉田市上吉田1401−4
日時:2017年12月16日(SAT) 11:00-17:00
企画:山梨県絹人繊織物工業組合


この記事を書いた人



  • オリキョー のハタ便

    オリキョー

    江戸時代から続く絹織物の産地、山梨・郡内からの情報を発信します。山梨県絹人繊織物工業組合は、富士吉田・西桂・谷村・大月・上野原の5つの街の織物協同組合で構成されています。

 

  • 2018
  • 2017

他の記事

もっと見る >

こちらもおすすめ

もっと見る >
もっと見る >

#ハタ印に参加しよう

運営 ハタオリマチのハタ印プロジェクト(事務局:富士吉田市産業観光部商工振興課)
住所 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1 電話 0555-22-1111(代表)