2017.09.20

◤フジチギラ◢11月10日 貴重な日本の色、富士茜で染め体験


藍と並んで、日本の伝統的な色と言えば茜色。茜はアジアに広く分布していますが、今日本で主流となっているのはインド茜や西洋茜です。今や貴重になった日本茜の復元と茜色の素晴らしさを伝えようと、日本茜を収穫から染色まで体験できるワークショップが11月10日(月)に開催されます!なかなか見ることのできない日本の伝統色茜色、日本茜を贅沢にもシルクストールを染められる、貴重な体験です!

茜の収穫風景

富士茜の収穫風景。山の紅葉を眺めながら、茜の収穫ができます。上の葉を使うと思いきや、染料になるのはなんと下の根っこ。根っこが染料になるなんて、一体誰が思いついたんでしょう。昔の人の知恵はすごいですね。

乾燥させると赤くなる茜

この根っこは、天日干しするとだんだん赤くなっていきます!なぜ赤くなるのか、ぜひ参加して聞いてみてください!

煮詰めるとお湯がみるみる赤に

赤くなった根を鍋で煮詰めていきます。だんだんと色が濃い赤に。

オレンジ色のように染まったストール

赤くなったお湯に布を投入。布が明るいオレンジ色のように染まっていきます。まさしく夕日の様な茜色。

絞り上げで柄をつける

赤く染めた布に柄をつけるため、紐で縛る「絞り仕上げ」を行っていきます。広げるまで、どんな柄が出来上がるのかはわかりません。

茜色に染まったストール

鮮やかな茜色に模様が出ています。日本の伝統色、日本茜の色を作るところから染めまで体験できるこのワークショップ。ぜひ収穫や染色を通して「色ってこうやってできるんだ!」を体感してください。

◤富士茜収穫&染め体験◢★60cm×160cmのシルクストール付き
参加費:11,880円(税込・教材込・収穫した茜2株程持帰り)
11月10日(金)10:00~16:30(予定) 定員10名(5名以上開催)
※昼食は各自 ※都合により収穫中止の場合あります 

◤富士茜 染め体験◢★60cm×160cmのシルクストール付き
参加費:7,560円(税込・教材込)
11月10日(金)13:00~16:30(予定) 定員10名(5名以上開催)
※各自昼食後集合
※季節により紫根・月見草・紅花なども加えて染色体験を実施予定です

申込先:フジチギラ株式会社 担当 内田
〒403-0004 山梨県富士吉田市下吉田2-25-26
電話0555-22-2152 FAX0555-23-9253
E-mail ta-uchida@fujichigira.co.jp

 


他の記事

もっと見る >

こちらもおすすめ

もっと見る >
もっと見る >

#ハタ印に参加しよう

運営 ハタオリマチのハタ印プロジェクト(事務局:富士吉田市産業観光部商工振興課)
住所 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1 電話 0555-22-1111(代表)