2017.03.01

ハタオリマチのハタ印公式サイトオープン


はじめまして。産地ディレクターを務めさせていただいている高須賀です。

本日、山梨県の富士山の麓、富士吉田市・西桂町にある織物産地を
元気にする為のプロジェクト「ハタオリマチのハタ印」を始動します。

ハタオリマチは富士山という雄大な自然に抱かれ
1000年以上もの間、布を織る「ハタオリ」を続けてきました。
街に鳴り響くハタオリの音は、このマチの宝物です。

しかし近年、ハタオリの文化は急激な時代の変化に
対応することが難しく、ハタオリマチを取り巻く状況は
厳しくなる一方となってしまいました。

涙を飲んで廃業していったハタオリマチの職人も数多くいます。

しかし、このままでいいのか?
時代に飲まれ、ハタオリをやめてしまっていいのか?

何十世代も前の私たちの祖先が脈々と繋げてくれた
1000年以上続くハタオリの文化を子どもから孫へと
富士山の自然の中で美しく産業が息づくハタオリマチを残していきたい。
そして次の世代に繋げなければならない。
その為にも、もっと自分たちのものづくりに誇りを持ち
素晴らしいハタオリの文化をみんなに知ってもらわなくてはならない。

そんな、ハタオリマチの職人一人一人の思いやハタオリを支える
多くの人々から生まれたプロジェクトが「ハタオリマチのハタ印」です。

私たちは、このハタオリマチをより良い形で次の世代に繋ぐために
街全体で新たな挑戦へ取組み、その意思の印として「ハタ印」をかかげます。

これから、このWEBサイトやイベントを通じて
みなさまにハタオリマチの職人の生業(なりわい)や
マチで行われている面白い情報をたくさんお届けしていこうと思います!

そして、このハタ印の活動の輪が広がり
ハタオリマチがどんどん面白くなっていけるように
ハタ印のプロジェクトに賛同してくれる仲間を増やしていきたいと考えています。

「面白いなぁ」「すごいなぁ」と、少しでも気にして下さった方は
まず一度、富士山の麓ハタオリマチを訪れてください。
ハタオリマチはハタ印をかかげ皆さまをお待ちしております。

 

ハタオリマチ産地ディレクター 高須賀 活良


他の記事

もっと見る >

こちらもおすすめ

もっと見る >
もっと見る >

#ハタ印に参加しよう

運営 ハタオリマチのハタ印プロジェクト(事務局:富士吉田市産業観光部商工振興課)
住所 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1 電話 0555-22-1111(代表)