2018.03.03

◤求人◢創業152年 槇田商店 先駆的なテキスタイルをカタチにする強者募集!


—営業職の募集は終了しました。ご協力頂きありがとうございました!
     引続き、工場で働きたい方のご応募をお待ちしています!

1000年以上続く織物産地である「山梨ハタオリ産地」で、高級織物のテキスタイルを手がけている槇田商店では、傘の商品企画・スケジュール・生産・在庫管理をする、デザイナーとの調整役を募集しています!

国内外の高級ブランドから先進的で特殊な生地作りを支持されている槇田商店は、メイドインジャパンのものづくり・ファッションを支えています。織物を製造する自社工場で織り上げた生地を、傘に仕立てあげる自社工場もあり、全て手作業で傘を作り上げています!

定番を大切に、チャレンジをし続ける

槇田商店の傘はバリエーションが豊富。生地を二重に張る蛙張り(かわずばり)という技法を用い、外側は角度によって色合いを変幻させる玉虫織の生地、内側は差している人が楽しくなるようなエッセンスをちりばめた、「1866(イチハチロクロク)-kawazu-」は槇田商店の定番。

昨年は槙田商店創業150周年を記念し、20世紀を代表するスウェーデンの巨匠デザイナー、スティグ・リンドベリのテキスタイルデザインを纏った傘をリリースしました。細番手高密度の先染ジャガード技術でオリジナルデザインが評判を呼び、青山spiralでの回顧展も行われました。

野菜をモチーフにした日傘「菜-Sai-」も展開。これまで傘生地で使うことがタブーだったストレッチ糸を用いるなど、どんどん新しい企画にもチャレンジしています!日傘「菜-Sai-」は、やまなし産業大賞で優秀賞を受賞しました。定番の紳士傘から、持ってるだけでウキウキするような可愛らしい傘まで、傘の可能性を広げ続けています。

槇田商店の従業員数は27名。そのうちテキスタイルデザイナーが5名いらっしゃいます。

傘生地担当の槇田洋一さん(左)


勤務先は、新宿から約1.5時間の場所に位置する山梨県西桂町。東京や大阪、九州など日本全国で商談や展示会の出展があり、会場では商品説明などを行う他、ネット販売や海外への展示会での商談もあります。

例えばBEAMS JAPANさんとダブルネームで作らせていただいた傘の事例。


BEAMS JAPANさんのアイコンである富士山を、富士山の麓にてジャガード織機で織り上げ、晴雨兼用傘を製造させて頂きました。柄や持ち手・ボタン等の細部に至るまで、かなりこだわり抜いた商品です。このようなセレクトショップさんとの商談や、製造確認やサンプルチェックはもちろんのこと、店頭やWebで商品が並んだ時の喜びは格別です!

フットワークの軽さに自信がある方、テキスタイルデザインの知識や語学力を活かしたい方、テキスタイルが好きな方は、是非槇田商店を訪ねてみてください。詳しいお問い合わせはこちらもしくは槇田商店まで。

《募集要項》
正社員
就業時間9:00〜18:00
休日 土日祝(暦上3連休の場合は1日は営業日
月給 面談の上決定 基本給+交通費+食事手当(昼食)有

槇田商店
山梨県南都留郡西桂町小沼1717
0555-25-3111(担当:
槇田晴子)
※ハタ印のWEBサイトを見たとお伝えください

主要得意先:ムーンバット株式会社(MOONBAT CO.,LTD)・オーロラ株式会社(Aurora Co., Ltd)・株式会社前原光栄商店(maehara koei shoten)・株式会社イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE INC)・外村株式会社(Tonomura Co., Ltd.)


他の記事

もっと見る >

こちらもおすすめ

もっと見る >
もっと見る >

#ハタ印に参加しよう

運営 ハタオリマチのハタ印プロジェクト(事務局:富士吉田市産業観光部商工振興課)
住所 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1 電話 0555-22-1111(代表)