産地を支える力をご紹介

最高級裏地キュプラ(ベンベルグ)専門の綛染め

㈲妙高富士染工場


山梨ハタオリ産地を代表する先染め・細番手の織物「裏地」は、産地で製造される織物の4割の生産量とされています。その裏地の中でも最高級の裏地と言えば、キュプラ(ベンベルグ)のジャカード裏地。タテ糸とヨコ糸を先染めして、染め分けた糸でデザインを織り上げていくのですが、そのキュプラ(ベンベルグ)を専門に染め上げているのが、妙高富士染色です。

コットンから生まれた再生繊維で、繊維の断面が真円に近く表面もなめらかなので、絹のような光沢や滑らかな手触りが特徴です。静電気も起きにくくて冬は暖かく、ムレやベタつきを抑えさわやかな着心地が喜ばれています。

ところが、キュプラ(ベンベルグ)はとってもナイーブでデリケート。糸の細さは髪の毛と比べると約6分の1と超極細です。手作業でありながら手が入り過ぎると傷みも出ます。染料を吸い上げるスピードも速く、しっかりと濃く染まりますが、高品質のテキスタイルや製品にするためには、なるべく糸にダメージを与えずに染料をしっかりと固着させる職人技術が必要です。1種類の濃度調整で1色を出すこともあれば、何種類も微妙な配合で色を出すこともあります。例えば、黒の中でも赤っぽい、青っぽい、緑っぽい黒があります。一番、難しいのはくすんだ淡い系統の色だそうです。糸量、染料、水、温度、適正な時間を緻密に管理することで、蓄積された経験値から「完璧な色」が生まれます。迅速かつ的確に色を糸で再現するのは染色暦30年のプロフェッショナルだからこそなせる技!

贅沢禁止令(奢侈禁止令)が出された江戸時代、豪華絢爛な裏地を織っていたのは、山梨ハタオリ産地です。長い歴史の中で培われた高い技術力から生み出されています。






染色可能な糸の形状 綛(かせ)染色
染色可能な素材 キュプラ(ベンベルグ)
最小ロット 5kg
経済ロット 50kg
染色機 噴射式綛染機(常圧)2台、(高圧)1台
納品できる糸の形状 綛(かせ)
納期 ビーカー試験1-2週間/現物染め3週間

住所:富士吉田市下吉田2-28-27

電話:0555-23-1950

こちらもおすすめ

MOREもっと見る

KNOW
FACTORY

工場を知る

SIGHTSEEING
ハタオリマチ観光案内

毎月第3土曜日

FACTORY SHOP
OPEN
ファクトリーショップオープン

運営 ハタオリマチのハタ印プロジェクト(事務局:富士吉田市産業観光部商工振興課)
住所 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1 電話 0555-22-1111(代表)