産地を支える力をご紹介

独自のテクスチャーを創るテキスタイルメゾン

Watanabe Textile


渡邊織物は戦後間もなくの創業で、当時はジャカード織機で帯や服地、緞子や傘マフラーなどを手掛けていました。以前はジャカード織機やシャットル織機を備え、様々な物を作ってきましたが、専門性を高めるために30年ほど前に裏地に特化しました。2代目は若くして父を亡くし20代から一人で工場を支えてきたため、なんでも織ることができ、織機を直すこともできるのだとか!織機のメンテナンスのレベルが高いので、産地で最も傷の少ない生地を織ることができる工場の一つです。常に工場にいて織面をチェックし、24時間操業で短い納期、また納期をしっかり守ることを心掛けているそうです。1年前からオリジナル企画デザインで、自社生地の販売を本格的にスタートしました。プレーンだけど質感のある生地を目指しているそうです!OEM生産としての生地づくりだけでなく、直接アパレルのデザイナーさんとやり取りをし、一緒に生地を開発することも増えてきました。色替えなどのアレンジの相談にも乗り、これから自社生地の販売をますます進めていきます。

工場の記事はこちら


住所:山梨県富士吉田市富士見5-7-18

こちらもおすすめ

MOREもっと見る

KNOW
FACTORY

工場を知る

SIGHTSEEING
ハタオリマチ観光案内

毎月第3土曜日

OPEN FACTORY
オープンファクトリー

運営 ハタオリマチのハタ印プロジェクト(事務局:富士吉田市産業観光部商工振興課)
住所 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1 電話 0555-22-1111(代表)