富士吉田出身、現在スウェーデン在住ケイゴマンのコラムです。

2018.07.23

Smile at your life, life smiles back at you


スウェーデン人の性格って日本人と似てるらしいです。
 
ちょっと恥ずかしがり屋で、奥ゆかしくって。
どちらかというと、陽気な感じではなくて、どこかおしとやかな感じ。
 
でも、一回袂をわかつととても仲良くなれるっていうことみたい。
 

確かに遠くから見た感じたスウェーデンのひとたちは、とても落ち着いてて、はしゃぐこともしない。なんてたって、W杯のパブリックビューイングでさえ、みんなすんごい盛り上がる!!っていう感じではなく、淡々と試合を見てた感じだった。

みんな真剣に見てて、全然盛り上がんないんです!!

これってお酒が公共の場で飲むことが禁止されてることと関係があるのかな。(ちなみにスウェーデンでは、お酒は公営の酒屋さんでしかお酒(3.5%以上)を売ることが許されていなくて、普通のスーパーだと3.5%までのアルコールしか買えない、、、日本で考えると信じられない!!だから、ほぼ酔っ払うことがない。。)

 

でもね、やっぱバーへ行くとみんなはしゃいでて、特に地元のバーでは木曜日が、なんと「KARAOKE」ナイトになってるんだな。そんときのハジケっぷりをみてると、袂を分かつ感じがわかるね。すぐ仲良くなれそうだもの。


木曜日がカラオケナイトでめちゃくちゃ盛り上がる。一人がみんなの前で歌うスタイル。

 
それで今日話をしたいのが、このハジケっぷりにも負けじとも劣らない。僕が住んでいるお家の大家さん。(自分は大きめの家に住んでいて、2階部分に大家さんが住んでいたのだ。)
僕はここのお家に住めて幸せでした。


通称「チーズハウス」チーズみたいな色だから。

家の中の壁紙もステキなのだ。

 

スーザンは、70歳くらいのおばあちゃんで。自分のことをstrong womenだって。
毎日、「今日は大きいバスにいくんだ」って、海で遊んでたり。
今日はテニスがあるの、だったり、今日はゴルフがあるの、だったり、今日はダンスがあるの、だったり。とにかく、アクティブ。

家でパーティーを企画したときだって、急にきて、自分の同級生たちと楽しく話し出す。

「だって、新しいことを学ぶことは楽しいじゃない。」っていうのが口ぐせ。本当に好奇心の塊みたい。


ラブリースーザン



毎朝起きると、スーザンは絶対に庭の手入れをこしょこしょとしていて、すごくキレイだった。突然、嵐のように部屋にきては、10分くらい喋ってどっかにいく。笑うときは豪快に「あはー」って笑う。
僕のCDをお世話になったお礼にあげたら、寝る前に毎日聞いてるって。けいごはタレントがある、とてもステキな歌だって、褒め上手でもあって。
 
スウェーデン人の友達が言ってたけど、「スーザンが私のおばーちゃんになるときのモデル」って。わかる気がするなぁ。自分でなんでもやってみて。好奇心があって。世界中からくる学生へ部屋を提供して。きっと飽きることがないんだとおもうな。

そして、その好奇心を支える環境の良さ。歩いて5分で海、森、サウナがあって。すごく充実してた。ここで暮らしてると生活ってすごくシンプルだって感じる。日本はもしかしたら、娯楽が多すぎる気がするし、お金を使わないと楽しめない。ここでは全然お金を使う必要がなかった。


歩いて5分で海と森。

 

庭でくつろいだり。

みんなでポッドラックパーティしたり。

シェアメイトの一人が家を去る時に、庭を一周したいっていって一回りして見ていた時に気づいたのだけど、このお家はスーザンの「愛」で溢れていたのだなって。スーザンは庭だけじゃなくて、家の中を少しずついたわって、自分でいろんなものを直していた。家電の配線だけは苦手らしく、僕が手伝ってあげたのだけど。

スーザンみたいに、僕がおじーちゃんになっても何に対してもオープンで、好奇心を持って。そして人生を楽しみたい。

それのためにはあまり多くはいらなそうで。ラブリーなお家と、そしてステキな環境と、なによりも「ひと」がいれば良さそうだ。

スーザンが教えてくれた言葉。
「Smile at your life, life smiles back at you」

その通りだよ。


この記事を書いた人



  • あらいけいご

    あらいけいご

    公務員を辞めて、スウェーデンの大学院でサステナビリティとリーダーシップについての修士号を取得。毎日がレボリューション。だいたい泣きそう。好きな居酒屋は臭獣、たかちゃんの人生濃いめのウーロンハイが大好物。お腹がよわい。 Twitterで現地の情報を発信してます。よければ。  https://twitter.com/araiobake 荒井オバケという名前でアーティスト活動もしてます。

 

  • 2018
  • 2017

他の記事

もっと見る >

こちらもおすすめ

もっと見る >
もっと見る >

#ハタ印に参加しよう

運営 ハタオリマチのハタ印プロジェクト(事務局:富士吉田市産業観光部商工振興課)
住所 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1 電話 0555-22-1111(代表)