山梨・郡内産地の生地の情報をお届けします。毎月第三土曜にはショールームにてKIJIYAをOPEN! 富士吉田・西桂の織物を使ったワークショップ等も開催予定。どうぞお楽しみに。企画:山梨県絹人繊織物工業組合

2018.03.07

布のシーズン到来! 3月17日はTENJIN-factoryのリネン生地特集です。


3月に入り、ずいぶんと気温が上がり、いよいよ春がやってきそうですね。毎月第3土曜日のオープンファクトリーに合わせたオリキョーの生地売り、今月はTENJIN-factoryのリネン生地を特集します! 基本的に自社での生地販売は行わない方針の同社ですが、オリキョーで売るならと特別に布を扱わせていただくことができました。富士吉田の街で、100年後も使い続けられることを目指して織られたリネンの布地です。

透け感のあるガーゼ素材はカーテンや目隠しなどにいかがでしょうか?

バッグやエプロン、洋服に使えそうな肉厚の素材も販売します。

TENJIN-factoryの生地の特徴はなんといっても両端、通称“耳”と呼ばれる部分。捨てられてしまうことの多い部分ですが、そういうところに気の利いた配色が施されているのってとても素敵だと思いませんか?

無地はもちろん、チェックやストライプなどの柄物も揃えています。暖かくなるこれからの季節に向けて、何かを作りたくなってる方も多いはず。ここでしか手に入らないリネンの生地をぜひご覧ください。

◤ハタ印 KIJIYA◢ ハタオリマチの生地セレクトショップ
場所:山梨県絹人織物工業組合
山梨県富士吉田市上吉田1401−4
日時:2018年3月17日(SAT) 11:00-17:00
企画:山梨県絹人繊織物工業組合


この記事を書いた人



  • オリキョー のハタ便

    オリキョー

    江戸時代から続く絹織物の産地、山梨・郡内からの情報を発信します。山梨県絹人繊織物工業組合は、富士吉田・西桂・谷村・大月・上野原の5つの街の織物協同組合で構成されています。

 

  • 2018
  • 2017

他の記事

もっと見る >

こちらもおすすめ

もっと見る >
もっと見る >

#ハタ印に参加しよう

運営 ハタオリマチのハタ印プロジェクト(事務局:富士吉田市産業観光部商工振興課)
住所 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1 電話 0555-22-1111(代表)