山梨・郡内産地の生地の情報をお届けします。毎月第三土曜にはショールームにてKIJIYAをOPEN! 富士吉田・西桂の織物を使ったワークショップ等も開催予定。どうぞお楽しみに。企画:山梨県絹人繊織物工業組合

2018.02.05

2月17日(土)オープン! 産地のジャカード生地で洋服を仕立ててみませんか?


毎月第3土曜日にオリキョーで販売する産地の生地。今月は先染め産地ならではの「ジャカード」生地を取り揃えました! 特に多く扱わせてもらうのは、槇田商店の洋服向けに織られた布です。生地作りから傘の生産まで一貫して行うメーカーとして自社ブランドを発信する同社ですが、実は傘生地だけでなく、服地の製造もおこなっているんですよ。長年、提案用に自社でデザインし続けてきた生地のデッドストック品を特別にお預かりしました。どれも意匠の凝らされた他にはない生地ばかり。

ウール×ポリエステルの手描き風チェック柄。

線の部分は袋織りになっていて、ぽこぽこと浮き上がるような立体感を出しています。

刷毛で描いたような模様の生地も、

細い糸の緻密な織りでできているのが伝わるでしょうか? 

高級インテリアやカーテン向けの生地メーカー・アルルのジャカード生地も販売します。ゴブラン調の重厚感ある生地は使い方しだいで新たな発見ができるかもしれませんよ。

そして、今回は流しの洋裁人・原田陽子さんをお迎えして洋服の受注会を行なっていただきます!流しの洋裁人は洋服の出来上がる過程を多くの人に知ってもらうことを目的に、ミシンと布を担いで全国を流し、その場でミシンを踏みながらセミオーダーを受け付けている方です。去年、一昨年と秋に開催したハタオリマチフェスティバルにも参加していただき、その活動を目にした方もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな彼女をオリキョーショールームにお招きしての受注会。この機会にぜひ産地の布で自分だけの一着を仕立ててみてはいかがでしょうか?

◤ハタ印 KIJIYA◢ ハタオリマチの生地セレクトショップ
場所:山梨県絹人織物工業組合
山梨県富士吉田市上吉田1401−4
日時:2018年2月17日(SAT) 11:00-17:00
企画:山梨県絹人繊織物工業組合


この記事を書いた人



  • オリキョー のハタ便

    オリキョー

    江戸時代から続く絹織物の産地、山梨・郡内からの情報を発信します。山梨県絹人繊織物工業組合は、富士吉田・西桂・谷村・大月・上野原の5つの街の織物協同組合で構成されています。

 

  • 2018
  • 2017

他の記事

もっと見る >

こちらもおすすめ

もっと見る >
もっと見る >

#ハタ印に参加しよう

運営 ハタオリマチのハタ印プロジェクト(事務局:富士吉田市産業観光部商工振興課)
住所 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1 電話 0555-22-1111(代表)